元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか自作のオープンソースプロジェクトの話とか。
Javaとか組込とかできます。お仕事ください。

なるほど?

http://render.s73.xrea.com/pipe_render/
ここのページの解説見てたら、なんとなくartransMatの誤差計算のイメージがつかめた(ような気がする)。
外積が一致するように、何度も計算を繰り返して誤差を縮めてる?みたいだ。

私信

keiさんへ

家のJOGLのバージョンを調べてみました。
version 1.1.1-pre-20080326

・glu.gluOrtho2D(0.0,ar_param.getX(),0.0,ar_param.getY());
これを
・glu.gluOrtho2D(0.0,0.0,ar_param.getX(),ar_param.getY());
として、94行目
gl_.glRasterPos2f(0.0f,(float)height)
これを
・gl_.glRasterPos2i(-1,1) ;

この修正ですが、私の環境でも正しく動作しました。
うーむ。何故正しく動くのか判りませんが、多数決でこっちのコード使ってもよいかも知れませぬな。