元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか自作のオープンソースプロジェクトの話とか。
Javaとか組込とかできます。お仕事ください。

NyARToolkit/3.0.0 リリース(ただし、NyARToolkitCSを除く)

NyARToolkit/3.0.0(Java)と、NyARToolkitAS3/3.0.0(ActionScript3)をリリースしました。(NyARToolkitCSについては、実装が間に合わなかったため、来年に見送ります。)

NyARToolkit project website is moved.

アップデート内容

今回のアップデート内容は以下の通りです。

機能修正
  • 既存モジュールについて、若干の性能向上があります。
  • 既存モジュールについて、再現率の低い不具合をいくつか修正しました[機能変更]
機能変更

NyARToolkit/3.0.0では、ユーザアプリケーションを修正する必要がある変更を、多く実施しました。

  • 既存モジュールのプロジェクトを整理しました。utils,sampleのプロジェクトについて、前バージョンと互換性がなくなりました。
  • NyARToolkit.utils.jogl配下の関数仕様が大きく変わりました。
  • NyARToolkitモジュール内の関数で、多数の引数変更をしました。
機能追加

NyARToolkit/3.0.0では、より簡単にARアプリケーションを作成するためのコードが追加されています。

  • RPF(RealityPlatform)モジュールを追加しました。このモジュールは、detectorやprocessorに代わるモジュールです。非同期マーカ特定、トラッキング、エッジベース検出、複数マーカ、同一種マーカの取り扱いなどができます。
  • BufferedImageをそのまま取り扱うRasterクラスを追加しました。
不具合
  • RPFのトラッキング機能が不足しているため、平行移動するマーカを正しく追跡できないことがあります。
  • RPFの最適化が不十分であり、十分なパフォーマンスが出ないことがあります。

まとめ

今回追加したRPFモジュールを使用することで、より簡単に、複雑なARアプリケーションが作成できるようになります。たとえば、マーカの画像検索をオンラインで実行したり、マーカ以外の矩形をマーカのように取り扱うことができます。

既存モジュールについても、関数引数の見直し、名前見直しなどの修正があります。そのため、ユーザアプリケーションに若干の修正を加える必要があります。

現在のところ、RPFモジュールを使用しなければ、2.5xから3.x系にアップデートするメリットはあまりありません。RPFを使用しない場合は、2.5系をそのまま使用することをお勧めします。


RPFの詳細については、後日書きます。

それでは、良い新年を。来年もよろしくお願いいたします。