元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか自作のオープンソースプロジェクトの話とか。
Javaとか組込とかできます。お仕事ください。

NyAR4Psg/1.1.4リリース

NyAR4Psgの機能追加です。

従来のNyAR4psgでは、Frustumのfarクリップとnearクリップが反映されない&設定できない問題がありました。この問題に対応しています。
http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=8920


問題の原因は、processingのimage()関数の特性と背景描画手法によるものでしたので、この2点を補う関数を実装しました。

  • setARClipping関数で、Frustumのfar/nearの指定ができます。
  • drawBackground関数で、Frustumを考慮した背景描画ができます。
  • setbackgroundOrtho関数で、背景描画に適した正射影行列をセットできます。

これに伴い、setARPerspective関数が、設定前のProjectionMatrixを返却しなくなりました。古いProjectionMatrixの保存が必要な時には、*1.projectionの「コピー」を作成して、保存するようにして下さい。

*1:PGraphics3D)(PApplet.g