元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか自作のオープンソースプロジェクトの話とか。
Javaとか組込とかできます。お仕事ください。

フリーランスは月10万円の売上で暮らせるか?

先日話題になってたことですけど、フリーランスという名の無職が、都市部で月間売上いくらで生活できるか、実体験(現在進行中)を元に試算してみたいと思います。

出費

生活費

まずは生活費。
フリーランスという名の無職は、基本的にひきこもりで自炊です。
通信環境は光回線1本、スマートフォン1台、食費は一食300円で計算します。

通信費
固定 5500円
モバイル 4000円
光熱費
電気料金 7000円
水道+ガス 7000円
家賃 50000円
食費 27000円
------------------------------------------------
計 100500円/月

税金

フリーランスという名の無職は、個人事業主として青色申告をします。
青色申告には年60万円の控除があり、電気料金、通信費、家賃50%を経費にした場合、合計49万8000円が必要経費です。

国民健康保険は所得が35万円/年(住民税非課税世帯の基準)、国民年金は所得が78万円/年未満の場合に減免制度を申請できます。

両方の減免制度を受けるなら、所得を年間35万円未満にするために、年間売上を144.8万円未満にする必要があります。

年間売上上限の計算式(非課税世帯)

35万円+60万円+49.8万円=144.8万円

年間売上上限の計算式(国民年金減免3/4)

78万+60万+49.8万=187.8万円

年間売り上げが120万円なら非課税世帯の基準をクリアできるので、所得税、住民税は発生しません。

健康保険/国民年金

年間売上が120万円なら、住民税非課税世帯になるので健康保険は7割減、国民年金は3/4免除を申請する事ができます。

減免申請を適応すれば、健康保険料は3000円/月、国民年金は4000円/月くらいです。

国民年金は全額免除も申請できますが、3/4免除が一番投資効率が良いので払ったほうがいいと思います。

健康保険 3000円(7割減)
国民年金 4000円(3/4減免)
------------------------------------------------
計 7000円/月

その他保険、娯楽費用

フリーランスという名の無職は、基本的に娯楽はネットで済ませるので、月5000円程度の課金枠を用意します。
生命保険は2000円/月の県民共済(入院用)に入っておけば十分です。

生命保険 2000円(還元率20%、入院一日10000円、死亡保険10万円コース)
オンゲー課金 5000円
------------------------------------------------
計 7000円/月

合計

生活費 100500円
税金 0円
健康保険/国民年金 7000円
その他保険、娯楽費用 7000円
------------------------------------------------
114500円/月

10万円、ちょっとオーバーしましたね。
生活費に1割程度の余裕を加えてあるので、娯楽費と食費を10%圧縮すれば10万円も達成できると思います。

12万円有ればなんとかなりそうですが、売上が年間144万円になるので、健康保険の7割減が申請できないかもしれません。
個人事業なので発生した経費を申告すればどうにかなりそうな気もしますが。



ちなみに私は月15万円で設計して、大体上記のような予算配分で生活しております。