元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか、オープンソースプロジェクトの報告とか。
最近はビットコインネタ多め。

mbed祭り2014@夏の東銀座でmbedJSを展示させていただきました。

f:id:nyatla:20140831122219p:plain

8月30日に開催されたmbed祭り2014@夏の東銀座でmbedJSのデモを展示させていただきました。
*1

f:id:nyatla:20140831134101j:plain


展示物

mbedを振る機械を展示しました。
※会場で撮影を忘れたので、写真はテストしたときのものです。



Mbedfest2014sの展示 - YouTube



mbedには距離センサとサーボモータがついていて、お客さんが近寄ってくるとブラウザのメッセージを変えながらmbedを激しく振る仕組みになっています。

f:id:nyatla:20140831143552p:plain

仕組み

ハードウェアは、秋月で買える距離センサ(GP2Y0A21YK)と安いGWSサーボをmbedに接続したものになります。

ソフトウェアはmbedJSと制御用のHTML(mbedJS javascriptAPI)で作りました。

f:id:nyatla:20140831143245p:plain


時々間違われましたが、PC側で動作しているのはブラウザだけです。特別な制御用のサーバなどはありません。Webサーバ、Websocketサーバなどは全てmbedで動作しているので、タブレットスマートフォンでもたぶん動作します。*2

その他のデモ

他にもAnalogInとかPwmとかPushSwitchの単体デモもありました。何人かの参加者の方に見ていただきました。

AnalogIn

f:id:nyatla:20140831131909p:plain:medium

Lチカ

f:id:nyatla:20140831131945p:plain:medium

PWM

f:id:nyatla:20140831132049p:plain:medium

DigitalIn(PushSwitch)

f:id:nyatla:20140831132315p:plain:medium


デモはメニューをクリックすると切り替わります。
f:id:nyatla:20140831132821p:plain

配布したチラシ

会場で配布したmbedJSを始めるためチラシのPdfです。

mbedJSを始めるまでの手順やサンプルプログラムの紹介があります。
JavascriptやProcessingでエェェェェンベッド.pdf

f:id:nyatla:20140831145549p:plain

デモのソースコード

GithubのmbedJS-JavascriptAPIプロジェクトの、exampleにあります。
config.jsの中にmbedのIPアドレスの設定があるので書き換えてご利用ください。

nyatla/mbedJS-Javascript-API · GitHub

デバイスとの接続は以下のようにしてください。

AnalogIn p16 10KΩでプルダウン
PWM-OUT p26 -
PushSwitch p5 10KΩでプルアップ


LEDとRPCベンチマークのデモについては、mbed単体でテストすることができます。

*1:直前まで参加するかわからなかったため、展示リストからは外してもらいました。

*2:WLANの場合、無線区間の遅延が安定しないので今回は有線を使いました。