読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか自作のオープンソースプロジェクトの話とか。
Javaとか組込とかできます。お仕事ください。

LTEの低速/高速モードの使い分け

固定置き換えで使いだしたOCNの5GBプラン。

この回線、速度規制の無いターボモードと200kbpsの低速モードが有り、自由に即時切替ができます。
f:id:nyatla:20150904073433p:plain


本音から言えば常にターボモードで使いたいところですが、1日1GB近く使ってしまうので泣きながら通信量の削減を考えていきます。




作業の価値で通信速度を切り替える

低速モードは1時間で約100MBの通信ができるので、容量追加の500MB/500円で換算すると1時間に100円の価値があることになります。

1時間100円を基準として、それ以上の価値がある通信をするときはターボON、それ以下ならターボOFFというような感じで作業を分けてみます。

1時間100円以下の価値の作業

  1. メールの自動更新
  2. Windowsアップデート
  3. 離席中のバックグラウンド通信
  4. Twitter
  5. 1時間以上のネットサーフィン
  6. Radiko

1時間100円以上の価値がある作業

  1. 30分以内のネットサーフィン
  2. オンラインゲーム
  3. デイトレで発注する時


動画とかほとんど見ないので、思ったより価値がある通信ってないんですよね…。今月は繰越容量が有るので10GB使えますが、来月からは不足すること間違いなし。

WonderLinkLTEのFシリーズも検討しないと駄目かなぁ。