元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか、オープンソースプロジェクトの報告とか。
最近はビットコインネタ多め。

mbedJSにIPアドレスなどを設定する方法

mbedJSは、セットアップ画面と設定ファイルの2つの方法でIPアドレス等の動作設定をすることができます。


セットアップ画面から設定する

全てのmbedJS搭載機は、ウェブブラウザからアクセスして設定値を変更できます。
初めにアクセスするときは、PCのネットワークを192.168.0.0/24に設定して、ブラウザからhttp://192.168.0.1/を開いて、Setupをクリックしてください。

f:id:nyatla:20141109174320p:plain
f:id:nyatla:20141109172734p:plain

  • MAC Address - mbedJSのイーサネットに設定するMacAddressです。':'区切りの6バイトのHEX値を指定します。
  • HostName - ネットワークに公開するmbedJSのネットワーク名です。この名前は、MacOSBonjourサービス、WindowsUPnPサービスの機器名に反映されます。
  • IP Address - Manual/DHCP/AutoIP/DHCP+AutoIPの4種類が選択できます。
    • Manual 手動でIPアドレスを設定します。Address,Mask,Gatewayにアドレスを設定できます。
    • DHCP DHCPサーバからアドレスを取得します。
    • AutoIP AutoIPにより自動的にアドレスを選択します。
    • DHCP+AutoIP 一定時間DHCPによるアドレス取得を試行し、不可能ならAutoIPによるアドレス選択を行います。ZeroConfigurationデバイスとして動作させる時はこの値を選択してください。
  • HTTP - Port HTTPサービスのポート番号です。
  • mDNS - Bonjourサービスの有無の設定値です。
  • UPnP - UPnPサービスの有無の設定値です。


青mbed(LPC1768)の場合は、mbedに設定ファイルを保存する事でも設定ができます。
設定ファイルの内容は、セットアップ画面の設定値よりも優先されます。


設定ファイルで設定する

青mbed(LPC1768)の場合は、テキスト形式の設定ファイル"mimic.cfg"をmbedに保存することで各種の設定を行うことができます。

f:id:nyatla:20141109174121p:plain

mimic.cfg

macaddr=02:01:02:03:04:05
ipaddr=192.168.0.1
netmask=255.255.255.0
geteway=192.168.0.254
host=MyMbedJS
srv_http_port=80
srv_mdns=yes
srv_unp=yes

設定を行わない項目は省略ができます。

  • macaddr - mbedJSのイーサネットに設定するMacAddressです。':'区切りの6バイトのHEX値を指定します。
  • ipaddr - mbedJSのIPv4アドレスを指定します。'auto'を指定すると、DHCPとAutoIPを使って自動的にアドレスを決定します。ZeroConfigurationデバイスとして使用する場合は'auto'を指定してください。
  • netmask - mbedJSのIPv4サブネットマスクです。
  • geteway - mbedJSのIPv4デフォルトゲートウェイです。
  • host - ネットワークに公開するmbedJSのネットワーク名です。この名前は、MacOSBonjourサービス、WindowsUPnPサービスの機器名に反映されます。
  • srv_http_port - HTTPサービスのポート番号です。
  • srv_mdns - Bonjourの有無の設定値です。'yes'又は'no'が設定できます。
  • srv_unp - UPnPサービスの有無の設定値です。'yes'又は'no'が設定できます。

初期設定値

mbedにファームウェアを書き込んだ直後の設定値は、以下の通りです。

MACアドレス 青mbed(1768)=固有番号/その他=02:01:02:03:04:05
IPアドレス 197.168.0.1
サブネットマスク 255.255.255.0
ゲートウェイ 197.168.0.254
HTTPポート番号 80
UPnPサービス 有効
Bonjourサービス 有効


青mbed(1768)以外のmbedは機器固有のMacアドレスではありません。複数の機器をネットワークに接続する時には設定で値をずらす必要があります。


OSのデバイス検出を使用する場合の注意

windows

Windowsエクスプローラからデバイス検出を行う場合は、UPnPサービスを有効にし、HTTPのポート番号を80番又は非WellKnownポートに設定する必要があります。

MacOS

MacOSSafariからデバイス検出を行う場合は、mDNS(Bonjour)サービスを有効にし、HTTPのポート番号を80番と8080番以外の非WellKnownポートに設定する必要があります。

その他のOS

その他のOSには標準のデバイス検出機能があるのかわかりませんが、UPnPBonjourサービスがあれば検出できると思います。

両方のサービスからアクセスできるようにするには、HTTPポートを2000番等の目立たないポートに設定してください。