読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか自作のオープンソースプロジェクトの話とか。
Javaとか組込とかできます。お仕事ください。

NyARToolkit for Processing 3.0.2

Processing NyARToolkit

NyARToolkit for Processing 3.0.2をリリースしました。

バージョン3.0.2では、ARToolKit5に搭載されているNFT機能を利用できるようになりました。

github.com


f:id:nyatla:20160423220440j:plain

サンプルスケッチ

NyARToolkit for Processingでは、NFTを使うコードもシンプルに書けます。

import processing.video.*;
import jp.nyatla.nyar4psg.*;

Capture cam;
MultiNft nya;

void setup() {
  size(640,480,P3D);
  colorMode(RGB, 100);
  println(MultiMarker.VERSION);
  cam=new Capture(this,640,480);
  nya=new MultiNft(this,width,height,"camera_para5.dat",NyAR4PsgConfig.CONFIG_PSG);
  nya.addNftTarget("infinitycat",160);//id=0
  cam.start();
}

void draw()
{
  if (cam.available() !=true) {
      return;
  }
  cam.read();
  nya.detect(cam);
  background(0);
  nya.drawBackground(cam);//frustumを考慮した背景描画
    if(!nya.isExist(0)){
      return;
    }
    nya.beginTransform(0);
    fill(255,0,0);
    translate(-80,55,20);
    box(40);
    nya.endTransform();
  
}

ソースはマーカを使ったものとほぼ同じです。唯一違うのは、MultiMarkerクラスの代わりにMultiNftクラスを使っている点です。

動作試験は割と早いPCでのみでしか実施していません。動作報告などをしていただけると嬉しいです。