読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか自作のオープンソースプロジェクトの話とか。
Javaとか組込とかできます。お仕事ください。

C#でPCに接続したPSPを見つける方法

C#

いわゆる技術情報。 PSPControllerに使ってます。 PsperController-0.1.0 - nyatla@Hatena::Diary WMIを使って特定のモデル名に一致したドライブを検索→論理デバイスから、ドライブレターを取る方法です。 PSP等のUSBドライブになれる機材の接続状況を調べ…

PsperController-0.1.0

先日作ったPSPERをベースに、Windows用のPSPER書籍データの生成・転送ツールを作りました。Windowsからの簡単な操作で、連番画像を電子書籍っぽくPSPで見ることができるようになります。ツールの画面 まだアルファリリースなので、例外とか出るかもしれませ…

NyARToolkitCS/2.1.1とUma2Desktop/0.1.2リリース

NyARToolkitCS/2.1.1とUma2Desktop/0.1.2をリリースしました。 NyARToolkit project | The NyARToolkit project website.修正内容は、自作のカメラパラメタファイルを使うと計算値がおかしくなる不具合の修正です。不具合内容→NyARToolKitCSで自作カメラパラ…

NyARToolKitCSで自作カメラパラメータが使えない問題について

ARToolkitで作ったカメラパラメータファイルが、NyARToolkitCSで使えない問題の解消方法がわかりました。NyARToolkitCSUtilsプロジェクトの、NyARD3dUtil.csの下記箇所(91行目)を書き換えます。 修正前 for (i = 0; i < 3; i++) { for (j = 0; j < 3; j++)…

ManageDirectXのインストール方法 その2

Uma2Desktopのエラーについて - nyatla@Hatena::Diaryのエントリで、hamさんにManageDirectXの詳細な説明を頂いたので、転載します。 MaganedDirectX Managed DirectXは.NET FrameworkアプリケーションからDirectXを呼び出すためのAPIで、標準のエンドユー…

Uma2Desktopのエラーについて

Uma2Desktopを起動したら こんなダイアログが出て起動できなかった方向けのエントリです。 調べてみたところ、このエラーはManagedDirectXがうまくインストール出来ていないときに発生する事がわかりました。DirectXのランタイムをインストールしたときに、…

Uma2Desktop リリース

電脳フィギュアさんの動きが余りよろしくないそうなので、簡単なものだけど、PC+Webカメラで動作する拡張現実アプリを作ってみました。動作には、.NET Framework 2.0が必要なので、インストールしておいて下さい。 内容は、例によってマーカー上でミクさんが…

WindowsMobileで拡張現実その② Uma2Mobile

Uma2Mobileは、WindowsMobile機でミクをウマウマさせるプログラムです。WindowsMobile機を通してHiroマーカーを見ると、ウマウマするミクさんを見ることができます。S21HT、WS011SH、WS004SH等の、比較的高性能なWindowsMobile機で動作します。描画速度は4〜…

NyARToolkitCSのバグ

2.0実装時に、NyARToolkitCSにダメなバグが見付かったので、修正しました。 修正版は、NyARToolkitCS-1.1.2としてリリース済です。 不具合内容 マーカー比較のときにピクセルのRGB値をとるところが間違っていて、Bの単色のみを取っていました。該当コードは…

md3dmの作り方

書き途中MobileDirect3Dで使うmd3dm形式のファイルを、.xファイルから作る方法です。こちらのページをベースに説明します。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms181024(VS.80).aspx .xを変換するには、上記ページからダウンロードできる、MeshConver…

WindowsMobile用NyARToolkitデモプログラムの使い方

開発が一段落したので、正式?にリリースということで。 概要 このデモプログラムは、カメラ付きWindowsMobile端末で、NyARToolKit C#版の動作を検証するものです。ARToolKitで定番のHiroマーカーの上に、WindowsMobile機単体で立方体を投影することが出来ま…

ソースもとりあえず公開

NyARToolkitCSのWindowsMobile版のソースを公開しました。引き続きカメラ制御用のDLLなどのソース公開を準備中です。 動作報告を頂きましたが、なにやらWindowsMobile6では動かないご様子…、うーむ、カメラキャプチャ周りかな?

NyARToolkitCS for Windows Mobile サンプルアプリ公開

先日作ったNyARToolkitCSのサンプルアプリを公開します。 配布ページ http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php?NyARToolkitCS%20for%20WindowsMobile Cabファイル直リンク http://nyatla.jp/nyartoolkit/zip/NyARToolkitCS_wm_armv4i_bin-0.1.1.zip htt…

NyARToolKit for C#

NyARToolkit for C#(NyARToolkitCS)Version 1.0.0をリリースしました。ぱちぱちぱち。http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php?NyARToolkitCS 今回のリリースで、ついにNyARToolkitCSがDirectShow・及びManaged DirectX (Direct3D)に「標準で」対応し…

MSの罠

C#

Managed Direct3DにNyARToolkitCSを組み込んだら、やたらと計算エラーが出る。 なんだろーな?と思って調べたら、どうやらdoubleで計算させてる部分が全部floatの計算結果になってしまっていたようだ。計算結果に差がでる部分を突き詰めていくと、どうやらDi…

動作確認!

NyARToolkitのC#バージョン(3DレンダリングはManaged Direct3D) が動きましたー!まだテストコードの状態なので、ライブラリ化が完了次第リリースします。これでARToolKitを使ったゲームなんかが作りやすくなりそうだね!

NyARToolkitCSしあげ中…

C#版が演算クラスだけだったので、とりあえずサンプルとかカメラ周りとかも作ってます。で、現在の進捗は…。済 Direct3Dの下準備 カメラの下準備 カメラとDirect3Dの結合 カメラとNyARToolkitの結合 まだ NyARToolkitとDirect3D結合 カメラ歪み補正 こんなか…

.NET対応

C#

カメラ制御に四苦八苦。 WindowsでこれじゃあWindowsMobileはもっと苦労しそうな。

.NET版NyARToolkit

カメラのキャプチャが動いた。DirectShow周りのクラスを整理して、明日くらいからDirect3Dのお勉強予定。

NyARToolkit for C#

NyARToolkitのcore部分のみ(マーカー検出計算、変換行列計算)ですが、C#に移植しました。 http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php?NyARToolkitCS Flash版が完成して祭りになっているので、折角なので相乗りさせてもらいますw月内にSilverLightで動か…