元派遣プログラマの自称技術系ブログです。雑記とか自作のオープンソースプロジェクトの話とか。
Javaとか組込とかできます。お仕事ください。

NyARToolkit

NyARToolkitCSとUnityをリリースしました。

NyARToolkitCSとNyARToolkit for UnityのVersion 5をリリースしました。※動画はNyARToolkit for Unityです。 新しいNyARToolkitCS/for Unityでは、マーカのほかに、NFTターゲットを使うことができます。github.comgithub.com NyARToolkitCSとNyARToolkit for…

NyARToolkit for Processing 3.0.2

NyARToolkit for Processing 3.0.2をリリースしました。バージョン3.0.2では、ARToolKit5に搭載されているNFT機能を利用できるようになりました。github.com サンプルスケッチ NyARToolkit for Processingでは、NFTを使うコードもシンプルに書けます。 impor…

NyARToolkit 5.0.0をリリースしました。

NyARToolkit5.0.0をリリースしました。 youtu.be NyARToolKit5.0.0では、ARToolKit5に実装されているNFT機能を新規に移植しました。 本家のARToolKitと同じように、NFTを使ったアプリケーションを簡単に作ることができます。 github.com リリースの詳細はこ…

NyARToolkit更新のお知らせ

NyARToolKit for Java,NyARToolkit for Processing,NyARToolkitCS,NyARToolkitUnityを更新しました。 NyARToolkit 4.2.0 nyatla/NyARToolkitgithub.com NyARToolkit for Processing 2.1.0 nyatla/NyARToolkit-for-Processinggithub.com NyARToolkitCS 4.2.0 …

NyARToolkitのライセンス変更のお知らせ

ARToolKitのLGPL化に伴い、NyARToolkitパッケージのライセンスをLGPLv3に変更します。NyARToolkitCS, NyARToolkit for Unity, NyARToolkit for ActionScript3, NyARToolkit for Processing今後はNyARToolkitをライブラリとして使用する場合にソースコードの…

NyARToolkitのパッケージを更新しました。

最近の開発環境向けにNyARToolKitのパッケージを更新しました。 機能変更や追加はありません。 NyARToolkit for Unity Unity 4.6形式に更新しました。パッケージ NyARToolkit for Unity3D - NyARToolKit - SourceForge.JP パッケージ NyARToolkit for Unity3…

BitcoinとGPUパワーの寄付プログラムを開始しました。

NyARToolkit projectを更新しました。 http://nyatla.jp/nyartoolkit/wp/?p=942日本語 以前から寄付プログラムはあったのですが、最近話題のBitCoin、及びその採掘のためのGPUパワーを寄付できるようにしました。GPUの空き時間にBitCoin採掘プログラムを動か…

NyARToolkitがGoogleGlassで動いたらしい。

NyARToolkit projectを更新しました。 http://nyatla.jp/nyartoolkit/wp/?p=909 Mark先生がNyARToolkitをGoogleGlassで動かしてくれたようです。おー動いてる動いてる。細かい説明はこちら。NyARToolKit on Glass http://arforglass.org/?project=nyartoolki…

レッドブルARコンテスト

さて、AR三兄弟の主催するAR忘年会で、レッドブルARコンテストの発表がありました。 ニコニコチャンネル 作品一覧 では早速、作品を見てみましょう。 みなぎるぅぅ!レッドブル! ‐ ニコニコ動画:GINZA たぶんFLARToolKit ARデコネイル ‐ ニコニコ動画:GIN…

NyAR4Psg/1.1.4リリース

NyAR4Psgの機能追加です。従来のNyAR4psgでは、Frustumのfarクリップとnearクリップが反映されない&設定できない問題がありました。この問題に対応しています。 http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=8920 問題の原因は、proce…

NyAR4Psg/1.0.3リリース

NyARToolkit for Processingを更新しました。元々は某はしもとさんからのバグ修正依頼だったのですが、気が付いたらほぼ作り直し&色々便利に。後悔はしていない。http://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit/releases/?package_id=8920 機能の紹介 さて、…

NyARToolkitのAPIマニュアルの整備をしています。

NyARToolkit/3.0.0のマニュアルを整備し始めました。まだ全然整備できていませんが、こちらで公開しています。Javadoc -NyARToolkit/3.0.0 http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php?Document%2FNyARToolkitこの項目のマニュアルがほしい!というのがあ…

NyARToolkit/3.0.0 リリース(ただし、NyARToolkitCSを除く)

NyARToolkit/3.0.0(Java)と、NyARToolkitAS3/3.0.0(ActionScript3)をリリースしました。(NyARToolkitCSについては、実装が間に合わなかったため、来年に見送ります。)NyARToolkit project website is moved. アップデート内容 今回のアップデート内容…

NyARToolkit/3.0.0に搭載する予定の矩形検出器デモ

NyARToolkit/3.0.0に搭載する予定の矩形検出器デモです。以前の検出器と比べて、以下の特徴があります。 長所 エッジベースなので、環境光変化に強い。 静止時の輪郭線破壊に強い。 マーカの一部(角)が多少範囲外に出ても問題ない。 簡易トラッキングがあ…

NyWin32Capture/1.0.0リリース

Windows向けのキャプチャライブラリNyWin32Capture/1.0.0をリリースします。http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php?Tools%2FNyWin32Captureこの手のライブラリは他にもありますが、妙に複雑だったり、コンパイルが難しかったり、何かのおまけだったり…

NyARToolkit/2.2.0リリース

NyARToolkit/2.2.0をリリースしました。 NyARToolkit project | The NyARToolkit project website. 機能追加 JMFキャプチャの対応フォーマットが増えました。YUV形式のみ出力するカメラからもキャプチャできるようになります。フォーマットの変換には、Java…

NyARToolkit for processing NyAR4psg/0.2.0 リリースしました。

NyAR4psg/0.2.0をリリースします。 NyARToolkit project website is moved.今回の追加機能は以下の通りです。 transプロパティを追加しました。マーカから視点までの平行移動量を簡単に得ることができます。 angleプロパティを追加しました。マーカの各軸を…

NyARToolkit for processing リリースしました。

NyARToolkit for processing NyAR4psg-0.1.0をリリースします。日本語NyARToolkit project website is moved. EnglishNyARToolkit project website is moved.英語の自信はありません。とりあえず、今のところは1個の1マーカを検出して、その変換行列を得る…

NyARToolkit for Processing 開発中…というか開発は終わってる。

NyARToolkit+processing/1.0で、お手軽拡張現実デザインができる目処がついたので、SSとかを公開します。バイナリとかのリリースは明日かなぁ。 その1 まずは基本編 processingのソースコードはこれだけ。ちょー簡単。 import processing.video.*; import j…

NyARToolkit2.1の最適化について

忘れそうなのでそろそろ書こう。NyARToolkit/2.1では、NyARToolkit/2.0で積み残しになっていた最適化が実装されてます。 coreの最適化 まずはオリジナルの計算結果と互換性を保てる最適化。これはNyARToolkit/2.1のcoreに実装済みです。 カメラ歪みの事前計算…

NyARToolkitとかのメモ

忘れないうちに、やろうと思っていることを箇条書き 短期戦 ラべリング配列の1次元化 YUV色空間対応(カメラ買った) NyARToolkitCPPのNyARDetectMarkerを実装 NyARToolkitCPPのSimpleLiteを実装 APIマニュアル書き JMFキャプチャクラス周辺の作り直し キャ…

NyARToolkitCS/2.1.1とUma2Desktop/0.1.2リリース

NyARToolkitCS/2.1.1とUma2Desktop/0.1.2をリリースしました。 NyARToolkit project | The NyARToolkit project website.修正内容は、自作のカメラパラメタファイルを使うと計算値がおかしくなる不具合の修正です。不具合内容→NyARToolKitCSで自作カメラパラ…

NyARToolkitCPP

NyARToolkitCPPのβ版(NyARToolKitのC++クラスライブラリ)を公開しました。 NyARToolkit project website is moved.計算機能はNyARToolkit for Javaの2.1とほぼ同等です。速度はARToolKitオリジナルの比で30%くらい高速です。NyARToolkitと同じくマーカが…

Android版、実機G1に移植

Sorceforgeのフォーラムで報告をいただきました。 …、一週間ほど前に(汗フォーラム: Open discussion(Engish only) - Android版、実機G1に移植 - NyARToolKit - SourceForge.JPソースはこちら なんとなく実験 with SIProp開発記 | NyARToolkit for Android &…

NyARToolKitCSで自作カメラパラメータが使えない問題について

ARToolkitで作ったカメラパラメータファイルが、NyARToolkitCSで使えない問題の解消方法がわかりました。NyARToolkitCSUtilsプロジェクトの、NyARD3dUtil.csの下記箇所(91行目)を書き換えます。 修正前 for (i = 0; i < 3; i++) { for (j = 0; j < 3; j++)…

NyARToolKitのラスタ処理改造

NyARToolkitCPPの実装の為に、ラスタ処理系のデータ型を見直し中。どの辺を見直しているかというと、今のNyARToolkitは、中間の2値画像を2次元配列で持っているので、これを1次元配列にしてる。昨日単純に1次元配列にして、インデックス計算なんかを書き…

ManageDirectXのインストール方法 その2

Uma2Desktopのエラーについて - nyatla@Hatena::Diaryのエントリで、hamさんにManageDirectXの詳細な説明を頂いたので、転載します。 MaganedDirectX Managed DirectXは.NET FrameworkアプリケーションからDirectXを呼び出すためのAPIで、標準のエンドユー…

Uma2Desktopのエラーについて

Uma2Desktopを起動したら こんなダイアログが出て起動できなかった方向けのエントリです。 調べてみたところ、このエラーはManagedDirectXがうまくインストール出来ていないときに発生する事がわかりました。DirectXのランタイムをインストールしたときに、…

NyARToolkitのC++化

構造的な最適化が2.0でほぼ完了して(カメラパラメタ周りがまだだけど)、固定少数点化の目処が2.1でついた(2割くらい残ってるけど)ので、そろそろ部分的にC++化していこうかなと考えてる。以前Mixiでやるやる詐欺したけど、今度はホントにやるつもり。NyA…

ARisさんのマーカー認識

電脳フィギュア ARisのキューブ探索アルゴリズムを考える。 | タロタローグ ブログ 太郎さんが頑張っていますねー。なにやら認識率が悪いとのことですが、多分、マーカーの正規化のところじゃないかな?と。ARToolkitのマーカー認識は、正規化されたマーカー…

NyARToolkitでのキューブ型マーカーの認識方法を考えてみた

ARToolkitだとちょっとバラすのが面倒なので、NyARToolkitでやるときの方法と言うかメモ。他にも方法有ると思いますが、計算量と精度がそこそこ期待できるのを考えてみます。まず前提条件 マーカー面は6面、全部異なる図柄を使う マーカーの大きさは4cm以上…

NyARToolkit/2.1.0リリース

ちょっと遅くなりましたが、告知です。JavaとC#版のNyARToolkit/2.1.0をリリースしました。今回の変更点は…、 sandboxへの固定小数点計算クラスの追加 カメラ歪みの事前計算対応による高速化 主成分分析(PCA)のMatrixクラスからの分離 の3点がメインです…

Uma2Desktop リリース

電脳フィギュアさんの動きが余りよろしくないそうなので、簡単なものだけど、PC+Webカメラで動作する拡張現実アプリを作ってみました。動作には、.NET Framework 2.0が必要なので、インストールしておいて下さい。 内容は、例によってマーカー上でミクさんが…

WindowsMobileで拡張現実その② Uma2Mobile

Uma2Mobileは、WindowsMobile機でミクをウマウマさせるプログラムです。WindowsMobile機を通してHiroマーカーを見ると、ウマウマするミクさんを見ることができます。S21HT、WS011SH、WS004SH等の、比較的高性能なWindowsMobile機で動作します。描画速度は4〜…

NyARToolkitCSのバグ

2.0実装時に、NyARToolkitCSにダメなバグが見付かったので、修正しました。 修正版は、NyARToolkitCS-1.1.2としてリリース済です。 不具合内容 マーカー比較のときにピクセルのRGB値をとるところが間違っていて、Bの単色のみを取っていました。該当コードは…

NyARToolkit-2.0.0 リリース

連日の突貫工事の甲斐があり、NyARToolkit-2.0.0が完成しました。 https://sourceforge.jp/projects/nyartoolkit今回は可読性と拡張性を大幅に向上させること(それとARToolKitの勉強)を目的に、全面的にクラス構造を見直し、API構成を含めてほぼ全てを作り…

md3dmの作り方

書き途中MobileDirect3Dで使うmd3dm形式のファイルを、.xファイルから作る方法です。こちらのページをベースに説明します。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms181024(VS.80).aspx .xを変換するには、上記ページからダウンロードできる、MeshConver…

MobileNyARWithMiku(モバイルNyARToolkit with 初音ミク)公開します。

例によってソースの整理が終わらなかったので、先にバイナリだけ公開します。 NyARToolkit project website is moved.MobileNyARWithMiku_wm_armv4i_bin-0.1.0.zipをダウンロードして、中に入っているcabファイルをWindowsMobile機にインストールしてくださ…

WindowsMobile用NyARToolkitデモプログラムの使い方

開発が一段落したので、正式?にリリースということで。 概要 このデモプログラムは、カメラ付きWindowsMobile端末で、NyARToolKit C#版の動作を検証するものです。ARToolKitで定番のHiroマーカーの上に、WindowsMobile機単体で立方体を投影することが出来ま…

ソースもとりあえず公開

NyARToolkitCSのWindowsMobile版のソースを公開しました。引き続きカメラ制御用のDLLなどのソース公開を準備中です。 動作報告を頂きましたが、なにやらWindowsMobile6では動かないご様子…、うーむ、カメラキャプチャ周りかな?

NyARToolkitCS for Windows Mobile サンプルアプリ公開

先日作ったNyARToolkitCSのサンプルアプリを公開します。 配布ページ http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php?NyARToolkitCS%20for%20WindowsMobile Cabファイル直リンク http://nyatla.jp/nyartoolkit/zip/NyARToolkitCS_wm_armv4i_bin-0.1.1.zip htt…

NyARToolKit for C#

NyARToolkit for C#(NyARToolkitCS)Version 1.0.0をリリースしました。ぱちぱちぱち。http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php?NyARToolkitCS 今回のリリースで、ついにNyARToolkitCSがDirectShow・及びManaged DirectX (Direct3D)に「標準で」対応し…

動作確認!

NyARToolkitのC#バージョン(3DレンダリングはManaged Direct3D) が動きましたー!まだテストコードの状態なので、ライブラリ化が完了次第リリースします。これでARToolKitを使ったゲームなんかが作りやすくなりそうだね!

NyARToolkitCSしあげ中…

C#版が演算クラスだけだったので、とりあえずサンプルとかカメラ周りとかも作ってます。で、現在の進捗は…。済 Direct3Dの下準備 カメラの下準備 カメラとDirect3Dの結合 カメラとNyARToolkitの結合 まだ NyARToolkitとDirect3D結合 カメラ歪み補正 こんなか…

ニコ動その2

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3457173こうやって使ってくれると嬉しいよね。物理演算たのしそう。

.NET版NyARToolkit

カメラのキャプチャが動いた。DirectShow周りのクラスを整理して、明日くらいからDirect3Dのお勉強予定。

NyARTransMat_C_version更新

とりあえず放置状態だった、高速版arGetTransMatCont関数を実装しておきました。 この関数を使っていない場合は昔のままで大丈夫です。http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php?NyARTransMat_C_version

今日の進捗

C言語版のTransMatCont関数の実装中。 先週には終わらせておく予定だったんだけどな。 明日にはリリースできると思われます。

NyARToolkit内部資料

ARToolKitの構造に興味があるひとが増えてきたので、不定期に構造解説文章を書こうかなとか。ARToolKit本家は既にあるので、NyARToolkitの処理構造周りを中心に。 処理構造やデータの管理方法は違うところが有るけど、一番大事な概念は共有してるから参考に…

NyARToolkit for C#

NyARToolkitのcore部分のみ(マーカー検出計算、変換行列計算)ですが、C#に移植しました。 http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php?NyARToolkitCS Flash版が完成して祭りになっているので、折角なので相乗りさせてもらいますw月内にSilverLightで動か…